2018年9月29日より10月9日に開催された福井しあわせ元気国体に、端艇部から5名が出場し、銀メダル1個、銅メダル1個、7位入賞を果たした。

成年男子舵手つきフォア

成年男子舵手つきフォアでは、昨年度優勝を果たした新井(経3)が埼玉県代表として出場、銀メダルを獲得した。

決勝でラストスパートをかける埼玉県代表(左から3人目が新井)
決勝では惜しくも2位でゴール

少年男子舵手つきクォドルプル

高校生の競技である少年男子舵手つきクォドルプルでは、塾志木高 大島が埼玉県代表として銅メダルに輝いた。

少年M4×+ 決勝

同種目で神奈川県代表として出場した塾高は順位決定で3位となり第7位入賞を果たした。

塾高3年主将 大下は、

なかなか船が進まず苦労しましたが、福井に乗り込む直前から徐々に船が伸び始め、一レース毎に艇速が上がって行きました。

クルーを組んで1ヶ月少々の短い練習期間でしたが、その中でベストを尽くすことが出来たと思います。

と高校最後のレースを締め括った。

混成クルーとしてチャレンジした神奈川県代表(山中、磯田、大森、降旗、植草)

Categories: ボート

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *